■「わからない」ってどういうことでしょうか。

簡単な言葉ほど多義語である。

 

f:id:kakakamari:20171201181227j:plain

まりんこです(*''ω''*)

 

「わからない」って、サッと脳裏に浮かんでサッと使ったりしませんか。

 

私しますけど。(すんのかい)

 

でも何をもってなにがどうわからないのかわからない場合があったりします。

 

なもんで、「わからないことはわかったけどそこから先どうすれば良いのかわからない」ことに出くわしたりします。

 

自虐ではなく愛を込めまして、私は自分のことをバカだと称しているんですけども、

 

そもそもバカは自分がバカだとわかったところでどこからどこまでどこらへんがどうバカなのかがわからなかったりします。

 

人生生きてりゃ「ワタシ、バカなんでぇ~」とか言う人に出くわしたこともありましょう、もしくは自分がそうだという人もありましょう。

 

ありゃ、「多分、他人と比べたらなんとなく何かが欠けていて何かがよろしくない」ってところまでわかってはいるんですよ。けど、自分のどこがバカですか?って聞かれたらフワッとした答えしか出てこない。

 

具体的にわかっていたら、天才の駆け出しです。笑。

 

もう皆が知っている単語で、皆が当たり前に使っているような単語ほど、色んな意味が含まれていてよくわからなかったりするものです。

 

 

では、わからないってなんぞや。

 

一つは理解ができない。

理解ができないというのは、文章中に出てくる単語がわからない。概念がない。

この「単語がわからない」という自覚がないから理解ができない。デデーン。

というのは、「なんとなく知ってる」とか「雰囲気でわかってるつもり」だったりします。

だから「”わかる”に分類」されてしまったりする。

この「なんとなくわかる」と「ちゃんとわかる」の境界線はきちんと「説明ができる」・・・・というのは別の例にのっとってその単語を使うことができるかどうかです。

 

ということなんだということにようやく気付きました、どうもバカです。(いえ、駆け出しの天才です)

 

 

 

さて、もうひとつ「わからない」の使い方がありますが、

もうひとつの「わからない」は「わからないの悪用」です。

 

 

これは主に人生に悩んでいる時に使う、「”どうすればいいか”わからない」の「わからない」。タチワルです。

 

こういう時のワカラナイって、わからないフリしている。

 

わからなければ前に進まなくていいもの。

 

わかってるくせに、わからない。

わかってしまったら前に進まなくちゃいけない。

 

うそ!まじかよ!わかってんのかよ!なんだよ!

って思うでしょう。それが、そう簡単にいかなかったりするんです。

 

失敗しちゃいけない

自分にはとうてい太刀打ちできない

 

なーーんてことが、実は、潜んでいるのです。

 

でも、これがまたなんともひねくれていまして、言語レベルでは「失敗しちゃいけない」「自分にはとうてい太刀打ちできない」とは思っていないんですよねえ。

 

こんな時に出てくるのがポジティブクソ野郎脳みそでございます。

 

 

自分は絶対できる!

自分は成功する!

自分はなんでもやれる人間だ!

 

できる!

できる!

できるのに!

 

なんつーことを言語レベルで申しておられる。

 

偏差値30の頭の人が明日東大の試験があったら受かりますけど!とか言ってるもんです。

 

ポジティブは使い方を誤ると本当に変な方向にしかいかない。

 

 

失敗しちゃいけない

自分にはとうてい太刀打ちできない

 

と思ったら、

「そんなことないよ、失敗しても良いんだよ」

「太刀打ちできないと思っているのはなんでだろう?どこかでボタンを掛け違えているよ」

って教えてあげればいいだけなんです。

 

けど、ネガティブな思考を受け入れて違う考え方を取り入れるのはちょっと脳の処理が多くなってしまって手間なもんで、無理くりポジティブ脳に変換してしまう。

 

なので余計頭がこんがらがってしまって、地上は「自分の頭の上だ」と思い込んで、どんどん深海の闇へ潜っていってしまう。

 

ひー。ネガティブ思考を受け入れるのがちょっとめんどうだからって、結構残酷なもんです。

 

私はネガティブさんほど「あと一歩、ってところなんだな!」って思うのです。

変にポジティブな方が闇が深いってなもんです。

 

 

 

 

 

”自覚”って自分が思っているよりも、全然してないことの方が多い。

私なんか、28年間、自分のことを天才ぐらいに思っていましたから、恐ろしいもんです(笑)

だから、愛をこめて「バカ」を自分に贈っているところなんです。

 

この前さんまさんのテレビを見ていて、「タケシさんから『さんまには勝てない、面白い』と言われて恐れ多い(←雑な要約)」なんてこと言っていて、こりゃ謙虚じゃねえ、マジだ、と思いました。

さんまさんは自分が面白いかどうかより、「いかに面白いことができるか」しか頭にないんだな、と。「”自分は普通にしてたら面白いことが言えない”という自覚があるから面白いことをひたすら考え尽くしてる」んだな、と。

 

ネガティブ、最高です。(笑)

 

近々ガッツリLine@相談を受け付けますよ!★

まりんこのLine@の登録はこちら

ケータイから→http://line.me/ti/p/@nok0668t
検索用→@nok0668t(@をお忘れなく)