■ブログアクセスを伸ばす、いいねを増やすには

昨日の記事

marinko.hatenablog.com

 

ありがとう(´•̥ ω •̥` *)❤️

 

こんなにいいねしてくれるとは思わんかったー!!笑

 

そして

 

f:id:kakakamari:20170804064508j:image

 

まさかのシェア2ー!!!!!

 

 

そして、コメント欄に至っては普段のまりちゃんをお褒めして頂いたりしました。

 

ありがとう❤️

 

そしてFacebookのいいね、コメント、シェア総数です。

f:id:kakakamari:20170804065400j:image

 

 正直なところ、こんな堂々かつ大胆な「いいねくれ記事」の反応はこの半分ぐらいを予想しておりました

 

でも、やっぱり「素直な気持ちを伝える」ってすごいことなんだと、私、激しく思いました。

 

 

Facebookやブログやってたら、一度はいいねなどの反応、気にしたことあるでしょ?笑。

 

それがこの「いいね欲しいだけ」の記事につくなんて思わなかったー。笑

 

こんなに役に立たない記事が未だかつてあっただろうかってぐらい役に立たない記事ですよ。笑

 

それでね、思ったのが、「気持ち悪さがない」ってこと。

 

嘘ついてる記事ってキモチワルイ。

 

いいね欲しいけどいいね欲しいけどでもそんなこと言ったらひかれるからいかにナチュラルにいいねもらえるようにするにはどうすればいいんだろう

 

とかやってるとマジでドン引きしてきます。笑っ

 

あと普通につらい。笑。

 

反応ばっかり気にしてると、面白い記事にならないのです。

反応ばっかり気にしてると、嘘つき始めます。

嘘つきはじめるということは、媚売りになります。

媚を売ってると、人は「こいつの本心はなんなの?キモチワル・・・」ってなります。

 

あ~~~、人付き合いとなんにも変わんないじゃねーかオラ。笑。

 

自分が書いてて自分が面白いと思うブログ

やっべ♪♪おもろいこと思いついちゃった♪♪ってウキウキで書くブログ

ひとりでほくそ笑んで書いてるブログ

 

面白すぎるから、もーーーーーーーーーしょーがねーから、もうみんなにシェアしちゃうね♪♪♪

ってブログが、人に伝わっていきます。

 

食レポで、、

真顔で「おいしい」と言われても説得力がない。

視聴者ウケを狙ってテレビ仕様に「おいしぃ~~~♪♪」と言っても「嘘くせ」って思う。(赤べこみたいにびっくりするぐらい動くやつとか怪しい)

本気で本気でおいしくて笑っちゃうくらいおいしぃ~~~♡やば~~~~~い♡ってやつだけが、人に伝染していく。

 

 

反応とか気にならない、全く気にならない、ゼロです。

って人は多分いないと思います。

っていうかいたら、「人」やってるのかな?とか思います。笑

 

反応に対して過剰に反応してしまうから焦って、

・価値のある記事書かなきゃ

・役に立たなきゃ

と思って嘘つきはじめるのです。

 

嘘の対極は、素直さですよね。

素直さっす。

素直さが、

本人の心の健康を呼び、

自分が一番面白いと思い、

リアリティがあって、

読み手も面白いと思う確率が高くなるのです。

 

そんなわけで、「ブログアクセスを伸ばす、いいねを増やすには」、ご覧中の皆様にお知らせです。

「ブログアクセスを伸ばしたい!!!!!」

「いいね増やしたい!!!!」

メッチャ素直で良いと思います!!!!!!

もーーーーーーー二十丸!!!!!!◎◎ついでにコメント欄に「ブログアクセス伸ばしたいぞ良い反応欲しいぞこのやろこのやろこのやろこのやろコ・ノ・ヤ・ロ・ウ・コノヤロウ(。-人-。) 」って書いたらもーなお素直!!!!はなまる!!!!!!!うどん!!!

 

 

 (は?コメント書いて欲しいだけか?おい。ヤンのか?コラ)

 

そんなわけで、あとはその素直さを記事にするだけですね♪♪なぁ~~~んだチョ~~~~~かんた~~~~ん♪♪

素直♪正直♪♪楽しく♪♪♪ワックワク♪♪ドッキドキ♪♪おっぱい♪♪って記事を是非書いてみてくださいね(*'▽')

 

(こいつ、おっぱいって書いとけば面白いって思ってんだろ)

 

まりんこのLINE@はこちら

Line@→http://line.me/ti/p/@nok0668t
検索用→@nok0668t(@をお忘れなく)

 

 

 役に立たないブログ記事はこちら。

 

これ2秒で読み終わる。w

■衝撃的な発見 - まりんこ・ありんこ・とりんこ

 

いつものアクセスの5倍以上だったやつ。

marinko.hatenablog.com

 

アホな子にアホな親あり。

marinko.hatenablog.com