■「落ちつけ」とは、「確認しろ」。確認は解決へと導いてくれる。

冷静になれない。

慌てる。

テンパる。

ムカつく。

怒る。

 

そんな時に、

「ちょ、、落ち着けって!!!!」

と言われることはないだろか(´∀`)

 「一呼吸置いて」とかも言うよね。

 

これって

「一旦ちょっと立ち止まって頭を整理してみようか」

ってこと。

さて、それをより具体的にすることが

「ノートに自分の気持ちを書き出す」

ということです。

 

落ち着かないということは、頭の中がとっ散らかってるということだからね。

とっ散らかってるというのは、

「要確認事項」がどれかわからず、確認ができない状態。

 

確認できてないから不安になって、「フンギャー!!」となる。

 f:id:kakakamari:20170320132108j:image

じゃー、

何が確認できないの?

何が「要確認事項」なの?

ということですが、

 

1番目は問題に対しての自分の捉え方。

何が自分の中で1番問題になってるのか。

自分の問題視してるものは何か。

そこには自分の「観念」があります。

 

何が嫌なのか何がモヤモヤなのか、、

何を「悪」として、

何を「善」としてとらえてるのか。

 

2番目に確認しなくてはいけないことは自分の気持ち。

混乱すると人は「どうしよう」という言葉になります。

「どうしよう」は解決を目指さない言葉です、笑

なんでかというと「どうしたら、正解なのか」という意味だから。

正解なんてあるわけないでしょ!

どう転がろうが、誰かにとって正解で誰かにとっては不正解。

一体誰にすがりたいのさ(・∀・)

真実を見つければいいんです。自分にとっての真実を。

どう転んでも正解で、どう転んでも間違い。じゃあ自分がしたいことをやりなはれや。

自分は、どうしたいの?

ってことです。

結果がどうであれ、それが「自分の答え」であり、「自分の正解」です。

 

 3番目は状況の確認。

自分がそう思ってるのは自分だけかもしれない。

相手は本当に怒ってるのか?

相手は本当に〇〇なのか??

 

相手は眠いだけかもしれない。

相手は他の事で手一杯なだけかもしれない。

それを確かめるには、

相手に聞く。確かめる。確認する。

これしかないのだ(・∀・)

で、実際に「”自分”に怒っていた」としてもさ。

「自分」の「何か」にしか怒ってないわけさ。それ明確にしようよ。

「人そのもの」に怒っていることなんて基本できないのよ。

「人そのもの」にアレコレ言いたくなるというのは、

ただの当てつけ。

正当化したいだけ。

自分のこと見たくないから相手のせいにしたいだけ。

 

「人そのもの」の否定してる人は、誰の問題でしょうか。

相手の問題です。

じゃあ、それは無視しよ。笑。

人格否定するような人の話なんか聞かなくていいよね。笑。

 

こうやって頭の中を整理していくと、

人の些細な言葉にもオドオドしなくて良いし、

テンパらないし、

腹も立たないんだよ。立っても一瞬で済む。

 

いやもっと「落ち着き方」を詳しく教えて!?って人はLINE@にでも来てくんちぇ(*'▽')大体言ったけどな。笑。

LINE@→http://line.me/ti/p/@nok0668t

LINE@(検索用)→@nok0668t(@をお忘れなく)

 

marinko.hatenablog.com