読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートナーに対する「飽きる」の感覚

パートナーシップ

f:id:kakakamari:20170214084502j:image

 

たまーに

 

「飽きたからフッた〜」

「飽きたからってフラれた...」

 

って話を学生中にチラホラ聞いてたけれど当時まともにおつきあいしたことのないわたしにはその感覚がわからなく飽きもせず2年ぐらい片思いしてた。(笑)

 

で、今のパートナーのかずやくんとは付き合って4年目になるけど結局まだ飽きたことはなく今に至る。

 

結婚式の準備で喧嘩はなく、

妊娠してからも喧嘩もなく、

 

今のところ特になにもない。笑

 

付き合って一年ぐらいの頃に一度、「倦怠期的なもの」も"お互い"感じたけれど

 

なぜ"お互い"だと言い切れるかと言うと

すぐに自分の気持ちを報告し合ってたからだ。笑

 

「ねーいつもこのパターン!」

「やだ〜これはつまんない〜〜〜」

 

わたしはそもそもが「カレシといふもの」が全部大体かずやくんが初めてで全部が新しかったと言うのも一つあるけれど、

 

デートプランがつまらんことがあっても、かずやくん自体につまらんと思ったことは、今思い出そうとしても思い出せない。

 

 

 かずやくんは話が特別面白いわけではない。

 

 

どーん/

 

特別面白いことを経験してきたわけではないし、

特別スゴいことをしてきたわけではないし、

特別何かに長けてるわけでもない。

 

でも、飽きたことはない。

 

 

 

付き合った当初は、共通点が多くて嬉しかったことを覚えてる。

 

かずやくんのおじいちゃんちとわたしの実家の最寄の駅が同じだったり、

家庭環境両者穏やかな環境だし、

好きなアーティストが同じだったり、

たくさんの2人の「同じ」を見つけては喜んでた記憶がある。

 

ところがどっこい、付き合っていくうちにこの2人はまるで正反対なことがわかってくる。

 

それがはっきりわかったのは去年の今頃で、

大きいケンカをしてみたりした

 

が、

 

話を聞けば聞くほど衝撃的にかずやくんとわたしの生き方は異なり、

わたしの頭の中には「???」が増える一方。

 

なんやこいつ。

めっちゃめちゃおもしろいやんけ(@_@;)

 

ってのが最も感じてる彼への感想である。

 

 

 

 

んでよ。

 

「人とお付き合いする」にあたってなにをフォーカスするか、ってとこ。

 

いつまでも「恋愛のドキドキ感」を味わいたければ、今のまりんこ達の関係じゃチョーつまんない。さっさと別れて、次に行った方がいい。笑

 

でも、

パートナーの生き方や、

パートナーの考え方や、

パートナーの生い立ちなんか見ていくと、

ハマるよ(//∇//)

 

そのパートナーのあり方を見て自分に置き換えたりすると

ますます面白くなる。

 

 

そーすると、、簡単に「つまんない」とか言ってらんなくなる。

 

で、ね。

 

まりんこ夫婦は全く逆の性格かもしれないけど、、ウチは、、なんて思う人がいるかもしれない。

 

けど、大体パートナーなんて正反対な性格してる。

 

あるいは、なぜそのパートナーが出現するかといえば、彼彼女の何かを補いに現れたようなものだから。笑

 心屋さんの前者後者論のように、前者のパートナーは後者だったりする。

 

 

「性格が合わない」とかならお別れが来ることもあるかもしれないけれど、

 

「飽きる」時が来るならば、同時に自分への興味が薄れるか、パートナーに依存しようとする時である。

LINE@→http://line.me/ti/p/@nok0668t
検索用→@nok0668t(@をお忘れなく)